トップ / 二の腕のシミを改善する方法

メラニンの生成を抑えてシミ改善

今ある二の腕のシミはどうしたら改善するでしょうか。まず大事なことは、これ以上シミを作らせないためにメラニン生成を抑えることです。実はメラニン生成は紫外線を浴びなければ大丈夫というわけではないのです。個人差がありますが、紫外線を浴びていなくてもメラニン色素は発生しています。ビタニンCのような抗酸化作用の強い成分は、紫外線により生まれる活性酸素から肌を守りメラニン生成を抑制してくれます。

<メラニンを排出させるためには?>
二の腕のシミは排出できずに肌の奥に留まっているメラニンが原因です。これを排出するためには、お肌のターンオーバーを促進させる必要があります。肩や腕に出来たニキビ跡もシミの原因になります。ニキビ跡は肌の奥に炎症が広がっている状態ですが、この炎症は角質層の奥の毛細血管からの微量の出血を起こします。この出血が角質層内に残ると赤いブツブツになり、それが時間とともに黒ずんだシミになってしまうのです。このニキビ跡が原因のシミも、ターンオ-バーが促進すれば改善させることができます。

ターンオーバーを促進してメラニンを排出させる成分は、ハイドロキノン、ビタミンC、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなどです。ハイドロキノンはメラニン抑制だけではなく今ある二の腕のシミに対しても効果が高い成分です。漂白効果が高いのですが、紫外線の影響を受けてしまいますので朝使う場合には日焼け止めもしっかり塗ってください。夜だけ使用して朝のスキンケアでは別の美白ケア用品と使い分けても良いですね。

美白ケア用品を選ぶ時には、化粧品より効果が高く医薬品ほど副作用の心配のない医薬部外品が安全です。シミの中でも色が濃く長年放置しているものは肌の奥に沈着していますので、角質層深くに浸透する美白美容液などがおすすめです。