トップ / 二の腕のシミは予防が大切

二の腕のシミはまず予防から

夏場になると露出する腕は人の視線も集まりますし、この部分にシミがあると老けてみえてしまいとても気になります。しかし一度出来てしまったシミを消すのは大変です。顔と比べても皮膚が厚いため、美白ケア用品がシミのある角質層奥までなかなか浸透せず改善するまで時間もお金もかかります。

まずは腕にシミが出来ないように、シミ予防をすることが大切なのです。今すでにシミがある人もこれ以上増やさないように努力が必要です。顔のように毎日鏡で向き合うことが多くて普段からスキンケアもしっかりしている部分のシミとは違い、二の腕は気付きにくいですしスキンケアも怠りがちです。

また二の腕、肩というのは、顔とは違って太陽から直射日光を浴びることになります。外出時に無防備な格好で出かければ、紫外線の影響は顔より受けやすいのです。例え室内で過ごすことが多い人でも、窓から紫外線は侵入してきますので毎日少しずつダメージは蓄積してしまいます。紫外線を浴びる機会が多い割りに、顔と比べても日焼け止めを塗っている人が30%程少ないのが現状です。

色の薄い服は紫外線を通しますので長袖を着ていると安心してしまわず、手や腕、肩までしっかりと日焼け止めを塗ってシミ予防をしましょう。日焼け止めを塗ると肌が乾燥しやすいので、保湿ローションなどを塗ってから日焼け止めを塗るとより効果的です。長時間外出する時には、2~3時間置きに塗りなおしてくださいね。

<UV加工商品でシミ予防を>
日焼け止めクリームが肌に合わない人は、日傘や帽子、UV加工のカーディガンやジャケットなどがおすすめです。商品によってUVカット率も違いますので、選ぶ時にはUVカット率にも注目してみてください。アスファルトからの照り返しでも日焼けするので、日傘の時はUV加工の上着を併用することで紫外線対策の効果も上がります。