トップ

二の腕に出来たシミの原因は?

半袖やノースリーブを着る季節になると、二の腕にあるシミが気になります。腕に出来てしまったシミの原因は一体何でしょうか。腕によく出来るシミのうち一番の原因になっているのは紫外線です。薄着の季節になるとそれまでは洋服で隠れていた二の腕が露出するようになり、紫外線にさらされます。

肩から二の腕にかけた部分というのは、太陽光が当たりやすい場所です。紫外線を浴びるとその刺激から肌はメラニンを生成します。長時間強い紫外線を浴びることで、メラニン色素が過剰に反応して作られてしまい二の腕にシミを作る原因になってしまいます。このシミを短期間で治療する方法もありますが、日常的には紫外線対策をすることが大切です。

本来はメラニンは体内部の細胞を紫外線から守るために出来るものです。メラニンが出来なければ紫外線から肌を守れずに細胞を壊してしまいます。出来てしまったシミもターンオーバーの働きで、正常な肌なら28日周期で剥がれ落ちてなくなっていきます。ですが過剰に出来てしまったシミはターンオーバーで剥がれ落ちていかずに、シミとなって残ってしまうのです。

<出来てしまったシミはどうしたらいい?>
年と共に増えるシミや紫外線が原因のシミのことを老人性色素班と言います。出来たばかりの老人性色素班は薄茶色で輪郭もぼんやりしていますが、時間とともに濃くはっきりとしたシミになってしまいます。シミがイボのように盛り上がって脂漏性角化症になると、見た目にも目立つようになってしまいます。紫外線以外では自己処理をする時に使った剃刀による刺激や、衣類や脇との摩擦刺激でもシミは出来てしまいます。

顔のように日常的にケアをする習慣のない二の腕は、ほっておいてもシミが改善することはありません。二の腕に出来てしまったシミを消すためには、これ以上シミを作らせないようにメラニンの生成を抑えること、そしてターンオーバーを促進させて美白ケアをすることが大切です。